サイト運営時のモバイルユーザビリティについて

Googleは、4月21日に『モバイルフレンドリーアップデート』を行うことを公式にアナウンスしています。

このアップデートは、「スマホ対応」されたページをランキング要素の一つとして評価します。

このアップデートは、世界的に全言語の検索結果に影響を与えると言われており、『パンダアップデート』、『ペンギンアップデート』以上に検索結果において大きな影響を与えることが予想されます。

ウェブマスターが『モバイルフレンドリーアップデート』で注意すべき点は、スマホ専用ページを作成し、Googleのガイドラインに沿って最適化させることです。

もし、WebMasterTool内で、「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」というメッセージを受取った場合は、スマホページが最適化されていないことを意味します。

モバイルユーザビリティに関するエラーについては、「検索トラフィック」の項目から確認することが出来ます。

モバイルユーザビリティに関するエラーについては、以下の通りです。

  • Flash が使用されています
  • ビューポートが設定されていません
  • 固定幅のビューポート
  • コンテンツのサイズがビューポートに対応していません
  • フォントサイズが小です
  • タップ要素同士が近すぎます

このエラー内容をクリックして確認すると、エラーページを確認することが出来ます。

エラーページのリンクをクリックすると、エラーの詳細な情報や、それに対する対策方法をチェックできるので、それに沿って適切な修正を行うようにしましょう。

以前までは、エラーが出ていても検索結果に大きな影響は生じないと言われていましたが、今後実施される『モバイルフレンドリーアップデート』により、Googleスマホ検索上で大きく順位を落としてしまう可能性があります。

近年、スマホからのトラフィックは急激に伸びているため、サイト運営をしていく上で無視できない要素の一つです。

『モバイルフレンドリーアップデート』で大きな不利益を受けないためにも、事前にスマホサイトを最適化(モバイルフレンドリーテストの合格、モバイルユーザビリティレポートのエラー修正)しておくようにしましょう。

手動ペナルティ『不自然なリンク』とリンク否認ツールについて

リンク否認ツールとは、Googleがサイト管理者用に開発した、被リンクを無効化させるためのツールです。

このリンク否認ツールは、「サイトへの不自然なリンク」というペナルティを受けた場合に使用することになります。

不自然なリンクに対するペナルティを受けていた場合は、まずは自サイトの被リンクを確認するようにしましょう。

【被リンクの確認方法】

WebmasterToolのダッシュボード内から、[検索トラフィック]、[サイトへのリンク]の順に進みます。

次に、[リンク数の最も多いリンク元]の項目の下にある[詳細]をクリックします。

「すべてのドメイン」が記載されているページ進むと、ページ上部に[このテーブルをダウンロード][その他のサンプル リンクをダウンロードする][最新のリンクをダウンロードする]というボタンが設置されています。

その中の[最新のリンクをダウンロードする]をクリックし、CSVかGoogleドキュメント、どちらかの形式を選択し、ダウンロードしましょう。

不自然な被リンクを削除する

自サイトへの被リンクを確認することができたら、ペナルティの対象になっているであろう被リンクを削除していくことになります。

自分が管理しているサイトなどからのリンクは、自分でリンクを外していくことが出来ますが、相互リンクなどで他者サイトとリンクしている場合や、サイトランキングや自動リンクなどに登録していてアイパスを忘れた場合などは、自分でリンクを外すことが出来ません。

そのため、自サイトへのリンクが掲載されているサイトの管理人に対して、直接メールなどでリンク削除を要請する必要があります。

管理者と連絡を取ることが出来れば、リンクを削除してもらうことは可能ですが、管理者不在などで連絡が取れない場合は、『リンク否認ツール』を使用して、不自然リンクを削除していくことになります。

基本的に、被リンクは自力で外してくことが大事ですが、自分ではどうすることも出来ないという時は、この『リンク否認ツール』を使用するようにしましょう。

そして、無事、不自然なリンクを削除することが出来たら、2~3週間程度待った後に、改めてGoogleへ再審査リクエストを送るようにしましょう。

手動ペナルティ『価値のない質の低いコンテンツ』とは?

手動ペナルティ『価値のない質の低いコンテンツ』とは?

このサイトが受けている手動ペナルティが、今回取り上げる『価値のない質の低いコンテンツ』です。

悪びれもせず平然と言える類のものではないことは、重々承知しています。当然、大変不名誉なことであると自覚しております。

だが、あえて言おう、このサイトは『価値のない質の低いコンテンツ』としてGoogleから手動ペナルティを受けていると。

手動ペナルティとは

手動ペナルティとは、Googleスパム対策チームが実際に目視することで課されるペナルティのことです。ペナルティは、ページ単位、若しくはサイト単位で課されます。稀にドメイン単位のペナルティというものも課されるようです。

基本的に、サイト単位で課されるのが一般的です。

ページ単位のペナルティは、トップページに対して課されることがほとんどらしく、その他のページには直接影響はないようですが、サイト単位のペナルティの場合は、全ページに渡ってペナルティが適応されます。つまり、全てのページの検索結果が大幅に下落することになるのです。

当サイトは、サイト単位です。

悪びれもせず平然と言える類のものでは..(ry

当サイトは、ペナルティとなる原因を理解し、適切なサイト運営をすることで、ペナルティ解除されることを目的としたサイトです。

では、手動ペナルティ『価値のない質の低いコンテンツ』が発動する仕組みを考察していきましょう。

『価値のない質の低いコンテンツ』とは

『価値のない質の低いコンテンツ』とは、読んで字の如く価値のない質の低いコンテンツということです。(トートロジー)

Googleが価値がないと判断するのは、コンテンツの中身です。

例えば、広告ばかりのアフィリエイトサイトや、同じコンテンツでキーワードだけを変えて大量複製したようなサテライトサイトなどのことです。

WebMasterToolで確認できる『価値のない質の低いコンテンツ』に対するGoogleの見解は、以下の通りです。

  • 自動生成されたコンテンツ
  • アフィリエイトプログラム
  • 無断複製されたコンテンツ
  • 誘導ページ

自動生成されたコンテンツ

ツールやRSSフィードを使用して自動生成されたページのことを言います。

ワードサラダのようなコンピュータが自動的に生成した、意味が支離滅裂な文章も、この自動生成されたコンテンツに該当します。

ページ数を増やすことでインデックス数も増えるため、検索結果にもプラスに作用されるという誤った認識によって行われていたようです。

アフィリエイトプログラム

Googleは、すべてのアフィリエイトサイトを否定していません。

ペナルティの対象となるのは、単にアフィリエイトだけを目的として、何の付加価値(オリジナルなレビュー、信頼できる情報など)も提供していないようなサイトです。

また、サイトの使いやすさ(ユーザビリティ)や、サイトの表示速度など、訪れるユーザーが快適に利用できる環境を用意することも大事になります。

※当サイトは、この項目に抵触していたものと想像されます。

無断複製されたコンテンツ

他サイトのコンテンツをコピーして、自サイトのオリジナルコンテンツとして掲載しているようなサイトのことを言います。

トレンドアフィリエイトのような最新のニュースを扱った、時事性の強い内容のアフィリエイトサイトに多く見られます。

類似するコンテンツを掲載して、集客しているようなサイトは、この項目に当てはまるため評価が下がります。

誘導ページ

誘導ページとは、特定サイトにユーザーを誘導することを目的として作成されたページのことを言います。別名ドアウェイページとも呼ばれます。

具体的な例を挙げれば、地域名や都市名などのタイトルやドメイン名で複数のサイトを運営し、共通する1つのサイトへ誘導するようなページ・サイトのことです。

このようなページは、コンテンツを複製し大量に作られたものである場合が多く、ベースとなるコンテンツの内容も価値のない低品質なものであるのが一般的です。

Googleは、検索結果を人為的(スパム行為)に操作して、利便性を下げるような行為をガイドライン違反としてペナルティの対象としています。

当然、別ページと同じ内容のその他のページに対して、Googleは、存在意義のない質の低いページとして判別します。

この項目に該当する場合は、WebMasterToolに「誘導ページに関する Google ウェブマスターツールからのお知らせ」というメッセージが届きます。

ペナルティ解除のために行った施策内容

まず、アフィリエイトサイトだった以前の内容を全て削除し、サイト休止中であることを記述したindex.htmlファイルのみをアップしました。再審査リクエストは行っていません。

放置すること約半年、WebMasterToolを確認してもペナルティは消えることなく、管理画面上に表示され続けています。

サイトを消すだけでは課されたペナルティは解除されないと悟り、決意新たに1月下旬にWordPressを設置し、更新可能なサイトとしてリニューアルしました。

そして、この記事に至ります。

後2、3回記事を投稿したら、再審査リクエストを送ってみようと思います。

果たして、ペナルティは解除されるのか!?