Googleペナルティとは

SEOにおけるGoogleペナルティとは、検索エンジン(Google)から順位を下げられたり、インデックス(登録)削除されるなどの処置を受けることを意味します。

通常、ペナルティを受けたままの状態であれば、検索順位は落ち込むか、インデックスから消えたままになります。
つまり、「サイトタイトル」、「キーワード」で検索しても検索順位は大きく下がっているか、いくら探しても見つからないということになります。

検索順位が大きく下がるということは、どんなに良いサイトであっても検索ユーザーの流入が見込めないということになるため、集客面で大きく不利になります。

ペナルティの確認方法

検索結果が落ちたみたいだけど、ペナルティを受けているのかもしれない? と思ったら、まずはペナルティの有無を確認をしてみましょう。

実際にペナルティを受けているかどうかは、Google Web Master Toolを利用することでいち早く簡単に発見することが出来ます。

ペナルティになっている場合は、Web Master Toolのメッセージと言う項目に警告メッセージが届いているはずです。

何も届いていないようであれば、検索順位下落の理由はペナルティではないということになるので、他の要因を探すか、順位が戻ってくるまで待つようにしましょう。