サイト運営時のモバイルユーザビリティについて

Googleは、4月21日に『モバイルフレンドリーアップデート』を行うことを公式にアナウンスしています。

このアップデートは、「スマホ対応」されたページをランキング要素の一つとして評価します。

このアップデートは、世界的に全言語の検索結果に影響を与えると言われており、『パンダアップデート』、『ペンギンアップデート』以上に検索結果において大きな影響を与えることが予想されます。

ウェブマスターが『モバイルフレンドリーアップデート』で注意すべき点は、スマホ専用ページを作成し、Googleのガイドラインに沿って最適化させることです。

もし、WebMasterTool内で、「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」というメッセージを受取った場合は、スマホページが最適化されていないことを意味します。

モバイルユーザビリティに関するエラーについては、「検索トラフィック」の項目から確認することが出来ます。

モバイルユーザビリティに関するエラーについては、以下の通りです。

  • Flash が使用されています
  • ビューポートが設定されていません
  • 固定幅のビューポート
  • コンテンツのサイズがビューポートに対応していません
  • フォントサイズが小です
  • タップ要素同士が近すぎます

このエラー内容をクリックして確認すると、エラーページを確認することが出来ます。

エラーページのリンクをクリックすると、エラーの詳細な情報や、それに対する対策方法をチェックできるので、それに沿って適切な修正を行うようにしましょう。

以前までは、エラーが出ていても検索結果に大きな影響は生じないと言われていましたが、今後実施される『モバイルフレンドリーアップデート』により、Googleスマホ検索上で大きく順位を落としてしまう可能性があります。

近年、スマホからのトラフィックは急激に伸びているため、サイト運営をしていく上で無視できない要素の一つです。

『モバイルフレンドリーアップデート』で大きな不利益を受けないためにも、事前にスマホサイトを最適化(モバイルフレンドリーテストの合格、モバイルユーザビリティレポートのエラー修正)しておくようにしましょう。