手動ペナルティの内容

価値のない質の低いコンテンツ

価値のない質の低いコンテンツ

この「価値のない質の低いコンテンツ」というペナルティを受けると、サイトの順位が大幅に下落します。

そのため、検索エンジンからの集客力がほぼゼロということになるため、検索エンジンをメインに集客しているWEBサイトにとってみれば致命的なペナルティであると言えます。

質の低いページとは、メッセージ内容に記載されている「実質のないアフィリエイトページ」「見かけ倒しのサイト」「誘導ページ」「自動生成されたコンテンツ」「コピーしたコンテンツ」などを指すようです。

「実質のないアフィリエイトページ」「見かけ倒しのサイト」とは

「実質のないアフィリエイトページ」「見かけ倒しのサイト」とは、共にアフィリエイトをメインにしたサイトを指します。

Googleが評価をしていないアフィリエイトサイトの例として、以下のものが該当します。

商品アフィリエイトリンクを含むページで商品の説明とレビューを元の販売者から直接コピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなくそのまま掲載しているもの。

しかし、全てのアフィリエイトサイトがペナルティの対象となるかと言えば、必ずしもそうではありません。

Googleは、良質なアフィリエイトサイトの例として、独自の商品レビュー、評価、商品比較などを行って付加価値を提供しているサイトを挙げています。

「誘導ページ」とは

「誘導ページ」とは、他のサイトに誘導することを目的としたサイトもしくはページのことを指します。

本体のサイトのメインキーワードとは別のキーワードを持つ別サイト(サテライトサイト)を作成し、集客する場合に気をつける必要があるのが、この「誘導ページ」です。

誘導ページは、本体のサイトへ誘導することが目的であるため、全体の情報量が少なく、有益な情報を提供していない場合がほとんどです。

たとえば、「キーワード + 地名」、「キーワード + 業種名」などのサイト名で、ページを量産している場合は、「誘導ページ」と判断されることが多いようです。

この「誘導ページ」に該当すると思われる場合は、それらのサイトやディレクトリを全て削除するようにしましょう。

「自動生成されたコンテンツ」とは

「自動生成されたコンテンツ」とは、システムを利用し、手間をかけずにファイルを自動生成する方法のことを指します。

「ページ数が増える = 検索順位が上がる」という誤った解釈により、CSV形式のデータファイルから読み込んだデータを、HTML形式のテンプレートファイルに書き込むことで、HTMLファイルを複数自動生成するなど、システムを利用して作成されたものはスパムとして判断され、ペナルティを受ける可能性が高くなります。

また、Atom / RSS フィードなどの外部データを利用してコンテンツを自動生成したものに対しても、ガイドライン違反となるため、Google側に発見された場合は、同様にペナルティを受けることになります。

検索結果の上位に自動生成されたコンテンツが上がってくると、検索ユーザーの満足度が下がり、検索エンジンの質が低下すると考えるため、Googleは、このような自動生成で作られたコンテンツを持つサイトの評価を下げています。

「自動生成されたコンテンツ」に該当すると思われる場合は、該当するコンテンツページを全て削除するようにしましょう。

「コピーしたコンテンツ」とは

「コピーしたコンテンツ」とは、その名の通り、他サイトに記載されているテキストをコピーして、自サイトのコンテンツとしてそのまま複製しているような場合を言います。

また、他サイトのコンテンツをコピーし、少しだけ手直し(単語を類義語に置き換えたり、言い回しを変える)をしたようなコンテンツも、同様に「コピーしたコンテンツ」として判断されます。

さらに、他サイトの動画、画像、SNSなど、その他のメディアを埋め込んだだけのコンテンツも、同様に「コピーしたコンテンツ」とみなされることになります。

ただし、通常、普通に作成しているサイトは、「コピーしたコンテンツ」としてペナルティを受けることはありません。

なぜなら、重複コンテンツはどのようなサイトにも、大なり小なり存在するものです。

重複するコンテンツが検索結果に出なくなる、若しくは下がるのは、ペナルティではなく、同じ内容を検索結果に出さないようにするための処理であると考えるのが妥当です。

また、コピーしたコンテンツは、アルゴリズムによって自動的に検出できるため、本来は手動ペナルティではなく、自動ペナルティとして処理されるべきものです。

しかし、手動ペナルティの項目の一つとして扱われている理由は、意図してコンテンツをコピーしたのか、それとも商品説明などの理由でどうしても同じような内容になってしまうのかを人の目で判断するためです。

つまり、意図的に他サイトのコンテンツをコピーしていないものに関しては、このペナルティが適用されることはないのです。

もし、「コピーしたコンテンツ」としてペナルティを受けたと思われる場合は、明らかに意図してコピーした内容を修正、若しくは削除するようにしましょう。

サイトへの不自然なリンク

サイトへの不自然なリンクには、『サイト全体への影響がある全体一致』『リンクへの影響の部分一致』の2種類があります。

サイト全体への影響がある全体一致

サイトへの不自然なリンク – 全体一致

「WebMasterTool」に、このメッセージが表示された場合は、サイトへの不自然な人為的、偽装、または不正なリンクのパターンが検出されたことを示しています。

このメッセージが届いたということは、PageRankを操作することを目的にリンクを購入、またはリンクプログラムへ参加をしたと判断されたことになります。

当然、これらの行為は、Googleのガイドラインに違反するため、ペナルティの対象となります。

サイトへの不自然なリンクで全体一致になった場合は、Googleからインデックス削除される・大幅に順位を下げられるなど非常に厳しい措置になります。

リンクへの影響の部分一致

サイトへの不自然なリンク – 部分一致

手動ペナルティの解除作業を行い、再申請を行っていると、前述の全体一致から部分一致に変更される場合があります。

『不自然なリンク』ペナルティ解除のために行うこと

リンクを外す

『サイトへの不自然なリンク』により、手動ペナルティになった場合、重要になるのは、不自然なリンクとして判断されているであろうリンクを全て外すことです。

通常、被リンクを外すことはSEOにおいてマイナスに働くものですが、ペナルティを受けている場合は、リンクを残していても検索結果が改善されることはありません。惜しまず全ての不自然なリンクを外すことがポイントです。

不自然なリンクを全て外すことで、ペナルティが解除されれば、検索結果に対象となるサイトが再び戻って来ます。

大事なのは、Googleのガイドラインをきちんと把握し、サイトの修正をしっかりと十分に行うことです。

サイトへの全てのリンクデータは、『WebMasterTool』 > [検索トラフィック] > [サイトへのリンク] > [リンク数の最も多いリンク元] > [詳細]リンク の順でアクセスし、 [このテーブルをダウンロード]のボタンからダウンロードすることが出来ます(CSV or Googleドキュメント)。

自分で管理しているサイトから不自然な被リンクを受けている場合は、それらのリンクを全て外しましょう。

また、他者が管理しているなど自分ではどうすることも出来ないリンクについては、出来る限りリンクを外してもらうようにお願いしましょう。

管理をされていないなど、対応してもらえない場合は、リンク否認ツールを使用します。

リンク否認ツールは、『WebMasterTool』にログインしている状態で、リンクの否認ツール(https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main)にアクセスします。

リンクの否認申請を行った後は、しばらく待ってから再審査を行うようにしましょう。

なぜなら、リンク否認申請をGoogle側が正しく認識するまでに、2~3週間程度の期間を要するからです。つまり、リンク否認をしたからといって、すぐに再審査をリクエストしても意味はありません。

再申請をする

ペナルティが解除されるためには、『WebMasterTool』から、再申請のリクエストを行う必要があります。

再申請のリクエストは、『WebMasterTool』 > [検索トラフィック] > [手動による対策]ページの下部にある「再審査をリクエスト」ボタンから行うことが出来ます。

「再審査リクエスト」は、行った施策内容を記載する必要があります。

記載内容に定まった形式はありません。「現在、Googleガイドラインへの違反はありません。」などの一文でも問題ありませんが、出来れば具体的な内容を記載するようにしましょう。

再審査リクエストへの返信は、通常、2~3週間以内に来ることになります。(場合によっては2ヶ月以上返信がないということもあるようです。)

返信される内容は、3種類あります。

  1. ガイドライン違反が解消されたことを確認できたので手動の対応を解除した。
  2. 依然としてガイドラインに違反した箇所が認められる。
  3. 手動の対応は行なっていない。

1.は、問題なく処理され、ペナルティが解消されたことになります。

2.は、依然として違反していると判断されたため、ペナルティは解除されていません。

3.は、通常、このメッセージがすぐに送られてきます。

再審査リクエストを行っても、「貴サイトのリンクがGoogleの品質に関するガイドラインに違反しています」というメッセージほとんどです。

このメッセージが送られてきたと言うことは、ペナルティが解除されなかったということです。

この場合、再度、リンク元の精査をし、被リンクを削除、再再審査リクエストを行うことになります。

それでも失敗するというケースも決して少なくはありません。根気よく何度もペナルティが解除されるまで行う必要があります。