手動ペナルティ『不自然なリンク』とリンク否認ツールについて

リンク否認ツールとは、Googleがサイト管理者用に開発した、被リンクを無効化させるためのツールです。

このリンク否認ツールは、「サイトへの不自然なリンク」というペナルティを受けた場合に使用することになります。

不自然なリンクに対するペナルティを受けていた場合は、まずは自サイトの被リンクを確認するようにしましょう。

【被リンクの確認方法】

WebmasterToolのダッシュボード内から、[検索トラフィック]、[サイトへのリンク]の順に進みます。

次に、[リンク数の最も多いリンク元]の項目の下にある[詳細]をクリックします。

「すべてのドメイン」が記載されているページ進むと、ページ上部に[このテーブルをダウンロード][その他のサンプル リンクをダウンロードする][最新のリンクをダウンロードする]というボタンが設置されています。

その中の[最新のリンクをダウンロードする]をクリックし、CSVかGoogleドキュメント、どちらかの形式を選択し、ダウンロードしましょう。

不自然な被リンクを削除する

自サイトへの被リンクを確認することができたら、ペナルティの対象になっているであろう被リンクを削除していくことになります。

自分が管理しているサイトなどからのリンクは、自分でリンクを外していくことが出来ますが、相互リンクなどで他者サイトとリンクしている場合や、サイトランキングや自動リンクなどに登録していてアイパスを忘れた場合などは、自分でリンクを外すことが出来ません。

そのため、自サイトへのリンクが掲載されているサイトの管理人に対して、直接メールなどでリンク削除を要請する必要があります。

管理者と連絡を取ることが出来れば、リンクを削除してもらうことは可能ですが、管理者不在などで連絡が取れない場合は、『リンク否認ツール』を使用して、不自然リンクを削除していくことになります。

基本的に、被リンクは自力で外してくことが大事ですが、自分ではどうすることも出来ないという時は、この『リンク否認ツール』を使用するようにしましょう。

そして、無事、不自然なリンクを削除することが出来たら、2~3週間程度待った後に、改めてGoogleへ再審査リクエストを送るようにしましょう。